空き家活用をするぼくが持たないと決めたモノ②家具や娯楽品

ぼくは、高知で空き家活用団体として活動をしています。

現在までに空き家を使ったAirbnb、シェアハウス、そして次はオフグリッドハウスを企画しています。

(参照:高知空き家活用団体(仮) on Strikingly

この活動を始めてから今まで、日増しに強くなっている思いがあります。

タイトルにある通り、私物や娯楽品など、いつか使うかもしれないモノを減らしたり、きっぱり捨てることの重要性です。

 

SNSでつながれる今、あえて会うことで抜きん出る

複数の拠点を作るとなると、それだけ多くのスペースを持つことになります。

でも、そのスペースは自分以外の人を受け入れるための余白であって、自分の私物で埋める場所であっては面白くないと感じています。

生活のために必要なことをそぎ落とし、可能な限り、遊び場を広げたいんですよね。

 

反対に、ぼくが他のスペースに足を踏み入れる時も同じです。荷物が少なければ少ないほど様々な人に会いに行ける、と仮定しています。

SNSでやり取りすることは多くても、実際に会いに行って話を聞くには物理的な障害があります。

だからこそ、会いにいけるという環境を作れば、人とは違った体験に近づけます。

理想は、車1台で生活。私物はスーツケース一個に収めることです。2〜3日であれば、トートバッグひとつでいきたいですね。

 

環境を変える若者の動きを知るために

地方移住という言葉がチラつき始めた昨今、環境を変えようと動く若者が現れ始めています。

ぼく自身、その動きのひとつですが「あぁ動いてるなぁ」と思って後を追うようではいけないんですよね。

若者として時代の感覚を掴めている今こそ、さっさと動き、その先の時代を感じ取って書いていかなければ、まったくもって面白くありません。

モノを持ったり、捨てたりする時間や手間さえもったいない。その手間や拠点に帰る分、前に進むことができるんですから。

 

拠点が多くなればなるほど、いつか使うモノや必要なモノは遠ざかる

例え話ですが、寒いのが嫌なのに雪国に住まざるを得ない人がいたとします。

この人は、寒さから逃れるために多くのモノを持っています。ストーブ、薪、電気カーペット、エアコンetc……

でも、もしこの人がその気になれば明日から南国に住める人だとしたらどうでしょう。いつも必要だった暖房器具は不必要になり、コストが浮きます。

「そんな人、なかなかいないよ」と思う方。あなたがそれなりに年齢を重ねた人ならわかりますが、20〜30代の若者だったとしたら、その諦めはヤバイです。

なにせ、どんどん人が動き始める世の中で、場所に縛られて“本来必要ないはずのコスト”を払い続けるわけですから。それだけで人生が後退していきますよ。

格安航空などで、確実に移動のコストは下がっています。なぜそこに縛られるの? と問われる時代が来ます。そう予感して、ぼくは拠点づくりを進めています。

 

というわけで、ぼくはこれまで集めていた本やCD、衣服や家具のほとんどを処分して、ダンボール一個で収まるようにしています。

わざわざ賃貸を借りて、いつか使うモノを置いておく必要もありません。いざとなれば、実家に送ってもまったく大丈夫な量ですからね。

空き家を活用してシェア倉庫化する若者も現れるんじゃないでしょうか。これならウチでもできそう……

Airbnbの経費を考えよう:水道代を節約する方法

ホストのみなさんは、経費について、色々と考えたことがあるのではないでしょうか。

電気代・ガス代・水道代などなど、意外と積み重なっていくものです。家族連れのゲストなど、大人数を受けいれているホストは、特に大きいですよね。

そんなホストがすぐにできる水道代の節約方法があります。

シャワー節水ヘッドを付ける

知人のホストに聞いたのですが、海外ゲストによっては、シャワーをガンガン使うそうです 笑

清潔な水が普通に使えるというのも珍しいんでしょうね。そのぶん、日本の当たり前が海外の人にウケるということになります。

思う存分シャワーを使ってもらうのは構わないとしても、できるかぎり節水の対策はしておかないといけません。

実際、シャワーに掛かる水道代は意外と多いようです。

一見シャワーで済ませば浴槽に湯をはるよりも水を使っていないように感じますが、実はシャワー15分の使用でおよそ浴槽1杯分にも相当します。これでは夏の水道代が跳ね上がっても無理はありません。

4人家族のお宅で、毎日1人1日15分のシャワーを使用した場合、1ヶ月で21,600L、約8,000円にもなるのです。

1月8000円も?!節水のカギはシャワーにあり [節約] All About

家族連れのゲストが来た場合、同じような費用が掛かるのが想定できます。

シャワーヘッドは2〜3000円しますが、一ヶ月あれば十分に元が取れるのではないでしょうか。

Amazonはもちろん、ホームセンターなどで色んな種類が販売されています。

シャワーヘッドの仕様によって取り付け方が変わってくるので、きちんと調べて買われることをオススメします。

空き家活用をするぼくが持たないと決めたモノ① 借家

DSC_0463

ぼくは空き家を活用して築40年の家を借りていたのですが、結局1年で出ることになりました。振り返ってみると、今の生活を作っているのは、すべてこの家がきっかけです。ありがとうございます。

とはいえ、これから同じように特定の家を借りて、家という拠点を持ちたくはないと思っています。

持ち家ならいいですが、投資ならまだしも、若者としてまだ“家を買う”タイミングではないうえ、デメリットが多いんですよね。

 

賃貸の家を持つデメリット

・仲介料など無駄な支払いが多い

・入居も退去も手間が多く、場所に縛られてしまう

・余計な管理コストが掛かる

 

ぼくが思うデメリットの細かなところ

・不動産屋の仲介料、敷金、礼金といった慣習に基づく支払いが発生するので、たかだか家ひとつに対しての支払いが大きすぎる。帰って寝るだけになる可能性もある家に対して、それだけ払うのは明らかにコスパが悪い。

・書類上での取り決めはなくとも、大家との「一年は住んで欲しい」「最低これぐらいは……」という曖昧な縛りが発生する。大家と借り主との立場上、はっきりと断るわけにもいかず、家賃の交渉もしづらい(気に入らないなら出ていけ、と言えますからね)。

・入居、退去の際、荷物の全運び込みや全撤去といった手間が掛かる。労力はもちろん、掛かった時間やコストは無駄。せめて備え置きのモノを置いて、お互いにラクできるようにしたらいいのに。

・掃除やゴミの処分など、そもそもの管理に手間が掛かる。人が出したゴミならいいが、経年による汚れを掃除したりといった手間は、積み重なって大きな無駄となってしまう。カビなど、湿度に関わるものは本当に面倒くさい。

 

一言で言うと、まだまだコスパが悪い

ほんっと、賃料に見合わないんですよね。

管理コストは自分が負担して当たり前だなんて、所得の低い若者の生活をさらに苦しくするつもりですか?

だから、実家が最高ってなるんですよ。コスト込みの賃料になればいいんですが、ありえないでしょうね。

ぼくの場合は、不動産の介入と曖昧な縛り、さらに管理コストが掛かり過ぎるために手放すことにしました。

ただし、ど田舎の空き家を月1万円で借りてみると、また変わってきます。

慣習による無駄な支払いがなく、期間や賃料を交渉でき、管理コスト込みの賃料を提示できます。デメリット解決です。

ハードになる分、そこらへんのノウハウを見つければ、他の賃貸にないメリットとなります。

さらに余談ですが、隣人が気難しい人間であったり、空き家の活用に対して疑心的であると、途端に暮らしづらくなります。

限界集落など、陸の孤島で住みづらいイメージがあるかもしれませんが、中途半端な地方都市の方がかえって面倒です。ご近所付き合い、ゴミ出しや騒音の問題など、都会の縮小版のような悩みが発生しますからね。

ど田舎の空き家であれば、そもそもご近所さんがいません。安い車とネットがある時代、半端な都会に住んでもなぁ……とぼくは思いますね。

 

ウチの団体の物件は、まさに空き家ならではのメリットがあります

ウチの空き家活用団体で活用し始めたゼロの家は、先ほど書いたとおり、慣習による無駄な支払いがなく、期間や賃料を交渉でき、管理コスト込みの賃料を提示できます。もちろん、隣接したご近所さんはいません。

ちなみにゼロの家は、年間の支払いは12600円。そのうえ荷物やゴミは撤去されており、あるのは広大な畑と雑草です(これはゴミではなく堆肥になります)。

ゆくゆくは買い取りも視野に入れているので、デメリットがすべて解決できます。

それまでに投資した分を回収できれば、十分に成功した活用事例と言えるでしょう。

 

空き家活用は、手段のひとつ

家を持たないのではなく、家を作ることを常としていこう——そんな風に、ぼくは自分のライフスタイルを考えています。

そのため、空き家の活用だけでなく、車中泊やAirbnbといった“流動的な住環境“を作るつもりで動いています。

だからまぁ、空き家を再生して自分の好きな場所を! というモノに縛られる環境は好きではありません。どっかに帰らないといけないって状況は面倒ですわ。

空き家を活用する人を増やしたいと以前書きましたが、ぼく自身は活用する人と活用される家を増やして、自分がカンタンに借りられる家が増やしていくのが野望です。

というわけで、代表であるぼくは、特定の家というモノを持たず、色々チャレンジしていきますよ。

【Airbnb 本】エアビーアンドビーの勉強にオススメの書籍まとめ

メディアやネットニュースで民泊が取り上げられるようになり、日本でも認知が広まっていますね。そのおかげで、空き部屋や眠っている不動産を活用したいという方も多く現れてきたのではないでしょうか。

今回は、これからAirbnbを学びたいという人向けに、出回っている書籍の中からぼくが実際に読んで良かった書籍をまとめました。これから使ってみようというホストの方は、ぜひタイプに合った書籍を一冊手元においておくと良いでしょう。

中古アパート・マンションが生まれ変わるairbnb空室物件活用術

不動産管理と内装・運用代行のスペシャリストによるAirbnb活用事例

現在、固定資産税などの上昇や空室率の上昇で利回りが下がり続ける不動産市況。特に東京ではさらに競争が激化しており、オーナーの運用が難しくなってきている現状があるそうです。

そこで、観光立国を目指す政策の効果に目をつけ、規制緩和によって認められる「民泊」を活用し始めた事例を紹介しています。

実際にワンルームマンションや一戸建てを活用した運営事例と収益モデルがいくつも掲載されており、利回りやメリットが高い物件について説明されています。

デザインやコーディネートの必要性、損害保険や法的リスクを回避する方法など、専門家の豊富な運営実績を元にした活用法が載っています。

こんな人にオススメ
・収益や利回りについてに困っているアパート・マンション・一戸建てのオーナー
・空室率の上昇や中古物件の空室に困っている不動産賃貸業の方

 

インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド

Airbnbってなに?というシェア入門ガイドとして最適な一冊

入門ガイドの名の通り、AirbnbというWebサービスについて画像や写真を多く使って説明しています。

Airbnbの歴史や仕組み、物件を貸し出すメリットから始まり、実際に部屋を登録する手順や必要なID認証についても書かれています。

ホスト向けの情報として、又貸し(転貸)などの可能性も考慮した法律面・契約面・運営面でのノウハウ、リスティングづくりのポイントも載っています。他の書籍と違って、運営を効率化するアプリや情報源を記載されており、役立ちます。

国内外のトラブル事例もまとめており、不動産オーナーであるかどうかは問わず、幅広い層にとって読みやすい入門ガイドとなっています。

こんな人にオススメ
・Airbnbについての入門書がほしい方
・不動産オーナー、あるいは又貸し(転貸)による投資を検討している方

 

知識ゼロからの民泊ビジネスがっちり成功術Airbnb

自宅貸しや空き部屋を活用したゲストハウスビジネスの事例が学べる

こちらは、実際にシングルマザーの方が自宅のワンルームを貸し出すなかで得た具体的なノウハウが載っています。

そうした自宅ゲストハウスについて、準備から運営の一連の流れ、最低限注意すべきポイントが細かくまとまっています。

自宅の活用だけではなく、ゲストハウスビジネスのための物件探しからコーディネート手順も書かれています。色使いや部屋を広く見せる方法やアイテムの選び方の一例もわかるので、予算を抑えた物件づくりを考えている方に役立ちます。

どちらかと言うと、ゲストハウスづくりの方に紙面を多く使っており、著者のゲストハウスも公開されています。実践的Q&Aコーナーもあるので、Airbnb運営に対して不安や心配事が多い方にとっては、必要な準備が分かる丁寧な内容です。

こんな人にオススメ
・自宅の一室や空き部屋といった難易度の低い活用方法が知りたい方
・Airbnbにおけるインテリアコーディネートを学びたい

 

 

インバウンド旋風で儲ける「おもてなし」不動産投資

訳あり不動産をリノベーション、簡易宿泊所として活用する事例がわかる

合法的に民泊を行う手段として、旅館業法の中の簡易宿泊所という営業許可を得る方法があります。

この書籍では、おもてなし投資=簡易宿泊所投資として、リフォーム工事から実際の運営まで行っている実体験が事細かに書かれています。

著者の方は、自宅や女性用シェアハウスなどのデザイン実績があり、そのノウハウを活かして外国人向けに賃貸や宿泊施設を生み出しています。

再建築不可など、訳ありの不動産物件へ投資を行い、大幅に利回りを改善させた実例が書かれています。他の書籍にはない、簡易宿泊所というキーワードについて掘り下げているのが特徴です。

巻末には、Airbnb運営代行会社へのインタビューもあり、投資を考えている方の参考になる一冊です。

こんな人にオススメ
・遊休不動産や訳ありの物件を活用したいオーナー
・インバウンドに合わせた不動産投資に興味がある方

 

airbnb 僕らは”シリアル”起業家: We Are Cereal Entrepreneurs

エアビーアンドビーの誕生から現在まで、裏背景を語れるようになる一冊

最後は、ホスト・ゲスト問わず、Airbnbに興味がある人におすすめの一冊です。

創業者の出会いから「Airbed & Breakfast」の誕生、そして初めてのゲストのエピソード。シリコンバレーのスタートアップ養成スクールへの参加、チャンスを掴み、大成長を遂げた起業ストーリーを読み物として楽しめます。

特に面白かったのが、朝食が提供されていないという現状を解決するために作ったシリアルがバカ売れして、3万ドルを稼いた話です。その大金を創業資金に充てたことで「本業(リアル)ではなくシリアルで儲けた」というジョークが生まれたそうです。“シリアル起業家“というタイトルは、ここから来ています。

シリアルというタイトルには、もうひとつの意味も込められており、読み終わった後にはAirbnbという企業が持つクリエイティブな魅力が分かると思います。なにより、現在のAirbnbの仕組み、決済システムやレビュー制度がどのように生まれたのか? その裏側を知ることで、このサービスを有意義に使う心構えが得られます。

79ページという一気読みしやすいボリュームです。Kindleでも読めるので、ぜひ読んでみてください。

こんな人にオススメ
・Airbnbというサービスそのものに興味がある
・大躍進するベンチャー企業の創業期が知りたい

タイプ別のオススメ書籍まとめ

いかがだったでしょうか。どれも著者の方のバックグラウンドによって切り口が違いますね。

今回まとめた本は、どれもAirbnbやインバウンドについて丁寧に説明されているので、どれも入り口として読むには充分な書籍です。

そのうえで、自分のスタイルや目標とする活用方法にあった書籍を選んでみてください。実際に著者の方にコンタクトを取ってみるのもいいですね。

 

Airbnb民泊のおかげで出会えた。絶品のジビエ料理+田舎暮らしを体験できるお山の宿

どうも。

この記事を書いている現在、ガヤガヤとした騒音に囲まれています。隣人の物音、車の騒音に囲まれていて息が詰まります。

あなたも、こんな騒がしい生活から少しでいいから離れてみたいと思うことはありませんか?

そんなとき、私がよく使っているAirbnb という民泊仲介サービスを使えば、静かな山の中の家でゆったり滞在することができます。時には、ジビエ料理や五右衛門風呂といった日常で味わえないくつろぎにも出会えることも。

民泊には、紹介ページには載り切らないほどの魅力が隠れています。その土地をまるごと味わい、その土地のホストさんならではのエピソードを教えてもらったり——思わず友だちに教えたくなるような旅のきっかけが秘められているんです。

[aside type=”normal”]Airbnb(「エアビーアンドビー」2008年8月創業、本社・カリフォルニア州サンフランシスコ)は、世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯やタブレットで掲載・発見・予約できる信頼性の高いコミュニティー・マーケットプレイス[/aside]

慌ただしい日常から離れて、ジビエ料理と山の暮らしを味わう

吉野川を見下ろす築100年の古民家へ

高知と徳島の県境。最寄りの高速ICから車で20分ほど。

車幅いっぱいの険しい山道を登ると、新緑が美しい山々が出迎えてくれました。

眼下に流れている吉野川は、日本屈指のラフティングの名所だそうです。

関東から移住された家族が営む『お山の宿 みちつじ』は、こんな静かな山奥の集落のなかにあります。

薪を割ってお風呂の準備をする

ホストのDaisukeさんとそのご家族に暖かく出迎えられます。

さっそく、リスティング(宿)紹介にあった薪割り体験をさせてもらいました。お風呂を沸かしたり、薪ストーブを使うために必要な準備です。

汗を流した後は、古民家の風情ある居間で、地元の茶葉で作った番茶をいただきます。

普段飲んでいるお茶とは違う、香ばしい茶葉の風味。こんな何気ない過ごし方ひとつで生活の違いを実感できます。

その土地ならではの贅沢な恵みをいただく

こちらでは、朝夕の二食付き。ご家族と一緒に食卓を囲みます。団体客さんのときは、とても賑やかになるそうです。

心待ちにしていた夕食は、なんと地元で獲れた鹿肉を使ったジビエ料理でした。

鹿肉のローストディアは、まったく臭みがなく、それでいて旨味がぎゅっと詰まっていて絶品です。ご主人さんいわく「鹿肉は栄養豊富で胃もたれすることがない」そうです。まさに、その言葉どおりでした。

その他にも、ゆずとハチミツ漬けのトマトみょうが入りの水菜のサラダといった野菜中心の一品がまた美味しいんです。野菜好きにはたまりません。

そのうえ、裏山で獲れたタケノコを使った炊き込みご飯まで頂けます。これがまた最高に良い香りなんです。泊まられる方は、おかわり前提で用意しておくことをオススメします。

食後のデザートは、飼っているニワトリの卵で作った自家製プリンです。

素朴な甘さがちょうど良く、あっという間に食べてしまいました。

山奥の静けさのなかでくつろぐ

食後は、薪で沸かしてもらった五右衛門風呂に浸かります。薪風呂の熱は、体の芯から手先まで広がるような強さがあります。体の隅々までホッカホカになるので、普段できないような深い眠りにつくことができますよ。

ちなみに、このお風呂はタイルを含めてすべてご主人のセルフビルドというのだから驚きです。

九時過ぎには、ホストご家族が離れへ移動されて、だだっ広い古民家に一人きりになりました。最大10人まで泊まれるので、大人数で来ても楽しそうです。

風音や川のせせらぎしか聞こえない自然のまっただ中で、ぐっすりと眠りにつきました。目覚ましでも起きないくらい、それはもうぐっすりと眠れましたよ。

民泊を通して、田舎暮らしの裏側を教わる

民泊といっても、ただ泊まるだけではありません。

ゲストのあなたが興味を持って動けば、様々なエピソードを聞いたり、その場限りの体験をしたりといったユニークな過ごし方を作れるチャンスがあります。

ホストの実体験『宿というナリワイ』を聞く

ご家族は、3年ほど前、お子さんが生まれたのをきっかけに関東から移住されました。仕事の不安があったものの、知人の勧めもあって宿を始めることに。建築関係の仕事をされていたご主人が半年以上掛けて築100年の古民家をリフォーム、先ほどの五右衛門風呂がある別棟をセルフビルドで建てたそうです。

簡易宿泊所や食事を提供する許可など、宿というナリワイに必要な営業許可も苦労して取得されています。取得する方法など、当時の貴重な経験を聞かせてもらいました。

今後は、ジビエ料理としてイノシシ肉も提供していきたいとか。Airbnbを上手く活用して、もっと多くの方に宿を知ってもらいたいそうです。

実際に『山での生活』を体感する

その気になれば、その場の生活文化や知恵について教わることもできます。

イノシシなどを捕える猟師罠の免許も、こちらでは比較的カンタンに取得できるそうです。猪鹿を捕獲すればもらえる報奨金、施設や設備のことなど、その土地に生きる人ならではの情報も聞けます。時期と条件を満たせば、一体18,000円の報奨金が出る場合もあるそうです。

ご家族のお子さんからもらったこのイノシシの燻製肉は、炭の香りが香ばしくて美味しかったです。これがおやつ代わりになっていると聞いて、生活の違いをいっそう実感しました。

直接お話を聞くだけでなく、その場を歩きまわって気付くこともありました。

先ほど割った薪も正しい使い方があります。割ってすぐでは使えないため、しばらくおいて乾燥させる必要があるそうです。

たとえば、集落にはご神木と呼ばれる大樹や神楽が行われる神社があります。他にも、外猫を飼っているおかげでネズミを退治してくれたり、頂いたニワトリのおかげで卵を買わずに済んでいたり。その場にいなければ気付けない情報ばかりです。

環境を変えることで『自分だったら?』と想像する

移住した土地で地に足着いた暮らしを営むようになったご家族。今では、お子さん二人を合わせた夫婦四人で楽しく賑やかに暮らしているそうです。

「将来子どもができた時、どんな暮らしができるだろう? こんな古民家に住んだら、何を食べ、どんな仕事をしているだろう?」

ホストから聞いたリアルな経験談を元にして自分の将来を想像するのも、民泊の楽しみ方のひとつです。

民泊というツールは、出会いと体験をもっと“選べる“ようにしてくれる

『お山の宿 みちつじ』が登録されたのは、つい最近。ビジネスに詳しいお客さんにAirbnbを紹介してもらったそうです。この便利なツールのおかげで、日が当たるべき場所に日が当たり、魅力ある暮らしの体験という選択肢が生まれたわけです。

一時の滞在で得られることは、今日明日にすぐに役に立つ体験ではないかもしれません。しかし、体験がどのように活きるかどうかは、まだ誰もが手探りの状況なんだと思います。

私と同じように、あなたも掘り起こされていないリスティング(宿)を見つけて、自分で出会いを作ることができます。他人に話したくなるような刺激に満ちた体験だって、Airbnbというツールで生み出せます。

もはや、使うか使わないかではなく、車と同じように“どう使うか“というフェーズにあります。もっともっと楽しそうな方へ向かうために、多くの人々はAirbnbを選んでいくだろうと私は予感しています。

すこしでも興味が湧いたなら、ぜひ下記のリンクから覗いてみてください。そして泊まってリアルに体験してみてください。


お山の宿 みちつじ

Ōtoyo-chō, Kōchi-ken, 日本

築100年の古民家を宿に自分でリフォームしました。 お客さまお部屋は3部屋あり、障子、襖で仕切られています。 すべて畳のお部屋で、昔ながらの懐かしい日本の家を感じることができます。冬場は薪ストーブを設置しております。夏場は扇風機のみで涼しく過ごせます。五右衛門風呂を手作りしておりますので、お客様で順番に入ってもらいます。HPもありますので一度ご覧になってもらえたら幸いです。よろしくお願いします。

 

それでは、またどこかで。

 

【Airbnb 四国まとめ】香川・愛媛・徳島・高知で「泊まってみたい!」民泊物件ピックアップ

暖かくなったおかげか、前年に比べて日本人のAirbnb利用率が大幅にアップしているそうです。

便利なサービスができたんだから、せっかくなら訪れたことがない土地に行ってみたいですよね?

というわけで、自然あふれる四国の民泊物件を紹介します。

四国の民泊(Airbnb)ってどんな感じ?

 

国内のAirbnb物件データサイト「AirLABO」から、四国のデータを引用すると——

全体の登録件数は200件前後。四国四県は、50件ずつというところですね(リスティング数=部屋数であって、物件数ではありません)。

ちなみに東京都は12000件なので、その規模の違いが分かります 笑

去年の夏頃から物件数が増加しており、2016年の春先にはさらに増加傾向になっています。

国内旅行者、訪日外国人の観光シーズン(バケーション時期)の需要がある時期と重なっていますね。

高知にいる私としても、夏場の需要が大きいのは実感しています。やはり、冬場は明確に閑散期ですね。

このデータが面白いんですが、全体のうち半数以上、およそ65%が一軒家での登録です。一軒家そのものの利用が多いこと、部屋数が多いことが関係していると思われます。

下にある関東のデータと比べれば、その割合がまったく異なります。

関東の一軒家は、全体14000件のうちの3000件ほど。全体の20%です。他では、関西が似た比率です。

ちなみに他の地域の一軒家比率も調べたところ、北海道・東北は40%ほど、北陸は50%、中部・東海は60%ほど、沖縄が40%ほどでした。

このとおり、全体で200件ほどの登録、全国でもトップの約65%が一軒家を利用しているというのがわかりました。まぁ、マンション暮らしの人やオーナーが“Airbnb”が認知されていないから、というのもあるでしょうが……

(引用元:AirLABO | 国内Airbnb(民泊)物件データサイト : http://airlabo.jp/)

 

四国四県の人気が高い物件

それでは、各県で人気が高いリスティングを見てましょう。

香川


Traditional Apartment Takamatsu

Takamatsu, 香川県, 日本

ご覧いただきありがとうございます。こちらは高松市の中心、瓦町駅より徒歩1分の場所にあるTraditional Apartmentです。四国で一番最初にホストを始め、今までに約1000名程のお客様を受け入れてきました。お部屋は昔懐かしい雰囲気の和風スタイルです。建物の所々にはアート作品を展示しています。アートの聖地、直島行きのフェリー乗り場まで徒歩約20分、電車で5分(2駅)です。JR高松駅へも同様です。お部屋周辺は繁華街ですが、住宅地にありますので静かに快適に過ごしていただけます。

 

まずは、二年以上の実績があり、Airbnbホストさんの中でもベテランの域に入るTraditional Apartmentさんのリスティングです。

一階には、こんなオシャレなラウンジ&バーがあり、各国の地ビールを楽しむことができます。世界各地を旅したホストさんのお話やビールの豆知識は、とても楽しくてタメになります。訪れた方は、ぜひこちらでゆっくりしてみてください。

貸切の部屋と離れのドミトリーがあり、合わせてリスティング数は11件。月間100名以上、世界各国からのゲストを受け入れており、まさに四国の玄関口にあるゲストハウスといっても過言ではありません。

地元を知り尽くしたホストさんが案内してくれる“おすすめのうどん“も絶品です。朝・昼・夜、それぞれ最高のうどんが味わえるのは香川ならではですね。

最近では、瀬戸内国際芸術祭も開かれているので、香川で思う存分に遊びましょう。

(引用元:公式サイトTraditional Apartment | トラディテョナルアパートメント 香川県高松市のゲストハウス

 

愛媛


しまなみ海道大島の100年古民家「尾形の家」菜の花部屋

Imabari, 愛媛県, 日本

しまなみ海道の大島は今治から最初の島で村上水軍の本拠地としても有名です。その大島の海の望む高台の築95年の元庄屋の家がゲストハウスとして蘇りました。畳に座りながら太い梁や白壁を見ていると癒され不思議に心も落ち着きます。芸予地震にも耐え抜いたこの古民家で古き良き時代に思いを馳せてみませんか。菜の花部屋は1泊朝食付きでお1人様\7500なります。サイクルオアシスとしてまた海水浴の拠点としてご利…

 

次はこちら、しまなみ海道の大島にある古民家を利用したリスティング。なんと、59歳のスーパーホストさんがいらっしゃいます。

[aside type=”normal”]「スーパーホスト」とは、ゲストをすばらしいホスピタリティで迎え入れ、他のホストの模範となる経験豊富なホストに与えられる称号です [/aside]

大島の海の望む高台にある元庄屋の古民家は、その古民家で過ごす快適さ、眺めや景色の良さ、そしてホストさんのホスピタリティ、どれを取っても高評価を得ています。まさにスーパーホストのリスティング。

「ホストさんの心遣いに感動」「歴史ある古民家を堪能できる」「朝日が昇る美しい海を眺められる」「This place was amazing. It was a beautiful traditional house」といった絶賛のレビューの数々。追加で頼めるお食事もすばらしいとか。

シェアリングエコノミーを使ったことがない方にこそ、この絶賛のレビューをチェックしてみてください。本当に予約したくなる&会いたくなるホストさんは、こんな風に見つけられるものなんですね。いやー行ってみたい!

徳島

 


交流が楽しいドミトリーのお部屋です♪

Miyoshi, Tokushima, 日本

ドミトリー相部屋のお部屋になります。 2段ベットのお部屋です。他のゲストさまと共用でご利用いただく場合があります。 広い共有スペースがありリビングやテラスでのんびりくつろいで下さい。

 

築90年の古民家風な建物を改装、2014年から受け入れをされているゲストハウス“モモンガビレッジ“さんです。

オーナーさんは、吉野川のラフティングやゴーゴーアドベンチャーも運営されているとか。リスティング名にあるとおり、交流が楽しめる賑やかなスペースのようですね。一人旅の方のレビューが多く、楽しく過ごした様子が伝わってきます。

歴史のある三好市や祖谷は、高知にやって来る外国人ゲストがよく話題にする魅力的なところです。四国を回る方は、このあたりの観光を含めて、ぜひ立ち寄ってみるべきですね。

高知

私の地元の高知県については、こちらの記事でまとめています。

[kanren postid=”4614″]

高知は紹介したいところがたくさんあるので、また別の記事に分けてご紹介します。

 

Airbnbブロガーが「行ってみたい!」と思う物件

さいごに、ぼく個人が注目しているリスティングをずらっと挙げておきます。

四国って、あまり人が来ないだけあって、端から端まで見てみると本当に面白いんですよ。

全長4kmの離島にあるゲストハウス


Tebajima guesthouse in small island

Kaifu-gun Mugi-chō, Tokushima-ken, 日本

The old fisherman island Tebajima is 4km offing mugi town in kaifu county tokusima pref. There is no car at all. it’s really quiet island only 4km around. Here is a place that is located in the ce…

薪割り体験もできる? 山奥にある宿


お山の宿 みちつじ

Ōtoyo-chō, Kōchi-ken, 日本

築100年の古民家を宿に自分でリフォームしました。 お客さまお部屋は3部屋あり、障子、襖で仕切られています。 すべて畳のお部屋で、昔ながらの懐かしい日本の家を感じることができます。冬場は薪ストーブを設置しております。夏場は扇風機のみで涼しく過ごせます。五右衛門風呂を手作りしておりますので、お客様で順番に入ってもらいます。HPもありますので一度ご覧になってもらえたら幸いです。よろしくお願いします。

 

オーシャンビューが楽しめる贅沢な家


瀬戸内海 Ocean front beach house ♡

Matsuyama-shi, Ehime-ken, 日本

瀬戸内海が目の前に広がる3階建てのお家。静かでゆったりした時間を過ごすのにおススメです。 朝日と波の音と共に目覚めた後の海辺のウォーキングは日々の疲れを癒してくれます。 また、ゴージャスな夕日を眺めながらのワイン時間は最高のひと時です。 瀬戸内海で採れた新鮮な海の幸や地元の農家直売のお野菜、フルーツも魅力の一つ。 恋人と家族と・・・もしくはお一人でも「ちょっと楽しく・幸せな時間」を過ご…

太平洋を望む、四国最果ての家


onsen and surf paraside

Tosashimizu, 高知県, 日本

traditional Japanese onsen in a western style ocean side lodge steps away from Japan’s premier surfing beach family resort located steps away from one of most untouched and beautiful beaches fami…

イタリアンシェフのレストランが隣接、四国の山河を楽しめる古民家


リノベ古民家の離れ。お隣には伊レストランや眼下に温泉。

Kamikatsu-chō, Tokushima-ken, 日本

(URL HIDDEN) 2階は二室あり、すべて畳の部屋です。二階からは、川が眼下に広がっています。

各県その土地ならではの個性がありますね。他にも、サーフィンが楽しめる海辺の物件やゆず狩りが楽しめちゃう家もありますよ。

どうでしょう、四国はひろく民泊の魅力を楽しめるフィールドではないでしょうか?

【Airbnb トラブル】ゲストが来ない、返事が来ない、返金したいという時の3つの対策

先日、Airbnbを初めて使ったらゲストが来ないトラブルが発生した – くっくす!という記事を見つけました。

こちらでは、Airbnbで初めてゲストを受け入れようとした際に起きたトラブルについて書かれています。

『ゲストの返事が来ない・ゲストが来ない・予約がキャンセルされて返金が必要になった』という3つです。

 

私も「ゲストから返事が来ない」経験をしました

私も同じく、中国のゲストから前日までメッセージの返信が来ないことがありました。

その頃はゲストのプロフィールに顔写真が義務付けられておらず、SNS認証もされていなかったため、とても不安になってキャンセルすべきかどうか迷ったほどでした。

実際に会ってみると、非常に良いゲストさんでした。Wi-Fiの都合で連絡が取れなかったり、中国はTwitterやFacebookが使えないためSNS認証ができなかったというゲストの事情を教えてもらい、「ゲスト側の事情も想定すべきだな」と感じました。

今回取り上げたブログ記事に書かれているように、トラブルを避けるためにゲストを選ぶことも大切です。

でも、あなたがホストとしてどんどんゲストを受け入れていきたいなら、これから説明する3つの対策が役立つので、参考にしてみてください。

 

メッセージの返事が来ない場合の準備

ぼく : Hi LoveLiver! Thank you for your reservation. It’s OK, ◯◯th Mar ~ ◯◯th Apr. I’ll explain in detail later. Thank you. (こんにちはラブライバーさん!3月◯日から4月◯日でのご予約ありがとうございます。詳細はまた後ほどご説明します。)

とりわけ返事を求める内容でもなかったのですが、それでも予約確定したんだから普通なんか返すよな?とか思いながら、3日経ってもまじで返事が来ませんでした。

今回取り上げたブログ記事では、予約確定後にこうしたメッセージを送ったそうです。

ここで注意すべき点は、連絡が取れる時に必要事項をまとめて伝えておくことです。急きょ予定が変わったり返事がなかったとしてもチェックインできるようにすれば、やきもきすることもありません。

予約が入ったら、以下のようなチェックインに必要な情報をまとめて送っておきましょう。ホストとしての自己紹介と挨拶もお忘れなく。

  • リスティングの詳しい住所や外観
  • 最寄り駅・空港バスの停留所からのリスティングへの道順
  • チェックイン方法とカギの渡し方について etc……

実績のあるホストさんは、こうした基本的なリストをきっちり用意されています。最近では、代行業者が請け負っている場合もありますね。

こうしたリストで上手く伝わらないときは、写真やイラストを盛り込んだPDFデータなどを用意しましょう。Evernoteなどのソフトを使えば、簡単に作成できます。

私の場合は、写真と英文を盛り込んだ道案内を用意していました。道に迷った際にタクシーを利用する案内も載せていました。チェックインできないという最悪のトラブルを防ぐためです。

スーパーホストさんの中には、初回予約時とチェックイン当日の2回、このようなチェックインガイドを送っている方もいます。せっかくの縁ですから、つまらないトラブルで出会いを台無しにしないように対策しておきましょう。

 

キャンセルポリシーと返金方法を理解する

それでも、今回のように事故や事情でゲストが来られない場合に備えて、次の2点を理解しておきましょう。

キャンセルポリシーによるペナルティについて

まず、Airbnbキャンセルポリシーを確認しましょう。

そして、ゲストにあなたのリスティングのキャンセルポリシーを伝えます(例:柔軟、普通、厳格など)

上手く英語で伝えられないと思ったら、表示言語を切り替えてコピー&ペーストしましょう(例:柔軟: 到着1日前までに解約すれば100%返金(ただし手数料は除く)=Flexible: Full refund 1 day prior to arrival, except fees)

ゲストがポリシーを分かっていない場合は、Airbnbキャンセルポリシーのページ下部で表示言語を変更(例:日本語からEnglish)、メッセージ上にてページのURLを送って読ませるのが手っ取り早いでしょう。

②実際の返金手続きについて

ゲストがペナルティを理解したうえでキャンセルを希望した場合、こちらのページを読んでもらいましょう。

ゲストとして予約をキャンセル | Airbnbヘルプセンター

こうしてキャンセルしてもらえば、ポリシーに従った返金が行われます。ホストの事情やゲストの要望がない限り、こうしてゲスト側からキャンセルしてもらえばケースは解決します。

ただし、今回のように「チェックイン24時間以内のキャンセルのため、100%の返金が受けられない」場合もあります。ポリシーで決めた以上の金額を返金したいときは、以下のどちらかの方法を取らなければいけません。

Airbnbのアカウントからゲストに直接返金を行う方法は二通りあります。(1)返金支給ボタンと(2)問題解決センターです。

返金支給ボタン

チェックイン日よりも前にゲストが予約をキャンセルした場合、「予約」の下に「返金支給」ボタンが現れます。キャンセルポリシーで定めた額以上に返金したい方は、そのボタンをクリックして希望額を入力してください。Airbnbサービス料はゲストには返金されませんが、ホストから頂戴した3%のAirbnbサービス料は、返金後の予約最終合計額に応じて調整されます。

問題解決センター

問題解決センターを活用すると、理由問わずでゲストに返金することができます。ご利用になるには、ログインしていることをお確かめの上、次のリンクに従ってください: ja.airbnb.com/resolutions

(参照:ゲストに返金するにはどうすればよいですか? | Airbnbヘルプセンター

チェックイン前であれば返金支給ボタン、チェックイン当日以降は問題解決センターでの返金を行うことになります。

今回の予約したゲストを選んで、「一部払い戻しをオファーしたい」という理由を選択します。

オファーする返金額を打ち込み、返金額の理由などをメッセージとして添えておきましょう。このオファーをゲストが承諾すれば、返金手続きが行われます。

書いてある通り、サービス料は返金不可となります。この点は、キャンセルポリシーに沿った返金とは変わってくる点なので、注意しましょう。

 

Paypal経由での返金は基本的に断る

この英語はどういう意味?PayPalでどうすればいいの?手数料はどうするの?

返金ってだけで面倒なことが多いのに、それを英語でやんなきゃいけなくて本当に謎の手間を掛けさせられました。

ゲストから「PayPalでの返金方法を教えてくれ」と求められたようですが、返金の手続きはAirbnbのシステム上で行うべきです。

なぜなら、システムを介さなかった場合、Airbnbに保証や対応を求めることができなくなるからです。

それでも返金したい時は、Paypalに登録しているメールアドレスを聞き出し、相手のアカウントに送金することになります。もちろん、Airbnb上で発生した手数料は戻って来ません。

しかし、通常の方法では、Airbnbのメッセージ上でアドレスを聞き出すことはできません。その他、ウェブサイトやSNSなどの名前も書き込めません。「hidden」と変換されて読めなくなります。外部サイトを使えば連絡することができますが、保証や対象外となってしまいます。

次のトラブルに繋がらないよう、Paypalなどの外部サービスを使う場合はよく注意しましょう。

 

今回の件、私であれば、ひとまず「Paypalでの手続きはできません。返金はAirbnbのシステム上でしか行いません。そちらのミスで起きたキャンセルなので、返金を望むなら、その方法を調べてください」とメッセージを送ります。

急いで対応しようとするあまり、こちらが損をしてしまっては元も子もありません。時間を使って調べれば、上記のような対処方法を見つけられます。

もしゲストから悪いレビューを付けられた場合、メッセージを証拠にAirbnbに報告してレビューを取り消してもらえばいいだけです。急かされたとしても、焦らずに対処していきましょう。

それではまたどこかで。

(記事中 引用元:Airbnbを初めて使ったらゲストが来ないトラブルが発生した – くっくす!

【Airbnb グッズ】リスティングのインテリアにもぴったり? エアビーグッズを買ってみた!

Airbnbを利用されている方は、この特徴的なブランドロゴはすっかり馴染み深いものですよね。

このロゴを使ったグッズが買えるサイトを紹介します。

エアビーグッズを買うなら「Airbnb Goods」

Airbnb Goods

こちらのサイトでは、色やデザイン違いのものも含めて44種類ものグッズが並んでいます。カラフルなTシャツやパーカー、ペンやキーホルダーといった小物など、手軽なグッズが揃っています。

価格は、それぞれ2ドル〜45ドルほど。日本円だと200円から5000円ぐらいといったところです。歯ブラシや水筒、荷物用のタグなど、旅行者にとっても嬉しいグッズもありますよ。ホストもゲストも楽しめるラインナップですね。

このサイトを手掛けたのは、サンフランシスコを拠点にするグラフィックデザイナーのアンドレアさん。2014年からAirbnbのブランドデザイン、プロダクションデザインをされています(参照:http://andreamcculloch.com/new-gallery-3/

このサイトが公式かどうかは判断できなかったのですが、キューバTシャツなどAirbnbの近況が反映されているようです。

 

購入のまえにサクッとアカウントを作成

まず、こちらからアカウント作成します。

必要なのは、氏名とメールアドレスとパスワードです。Airbnbと同じアドレスなどにしておけば覚えやすいですね。

アカウント作成が終わったら、ロゴをクリックしてストアに戻りましょう。買い物スタートです。

 

実際にグッズを買ってみた

Tシャツだけでも20種類近くあります。パーカーなどもあるので、一年中使えます。

悩んだ結果、はっきりとロゴが見えて、公式のブランドカラーに合ったTシャツを選びました。

カートに入れたら、決済へ進みます。

お届け先住所を打ち込みましょう。

自分の住所を英語に変換したい場合はJuDress | 住所→Address変換というサイトを使ってみてください。

 

なんと、送料の方が高くなってしまいました! 日本円で5000円ほど。グッズより高いです! 笑

支払いはクレジット決済のみ。カード情報を入力して完了です。

 

領収書のメールが届きました。発送先によると、アメリカの工場から発送されるようですね。

 

注意! 送料が高いので、まとめ買いがオススメです

アカウント作成から購入まで5〜10分ほどで完了しました。途中、送料の高さに驚きました……

確認したところ、Tシャツを2種類カートに入れると、送料はひとつ分で済みました。同梱してもらえるんでしょうね。

知り合いにAirbnbに関わる人がいる場合は、欲しいものがないか確認してみましょう。発送元が同じであれば、まとめてもらった方が良いです。

Airbnb Goods

というわけで、Airbnb Goodsでグッズを買ってみたレポートでした。

【Airbnb お遍路】四国ならでは? 女性一人旅のお遍路さんが教えてくれた民泊のメリットとニーズ

皆さんは四国八十八ヶ所霊場を回る四国お遍路について知っていますか?

高知出身の僕は、子供の頃からお遍路さんを見かける機会がありました。実は先日、そのお遍路さんが新たに作ったリスティングにやって来ました! お遍路ゲストさんです。

こちらの女性は、初めてAirbnbを使って民泊されました。Airbnbを知ったきっかけは、IT系の企業に勤めていたからだとか。

お遍路さんプラス女性の一人旅として、民泊のメリットやニーズについて意見を聞いてみたので紹介します。

 

遍路、あるいは一人旅としてAirbnbの良かったところ

・前日にオンラインで空き確認&直前予約できるのが助かる

歩きお遍路は天候や歩く道の環境により予定変更の嵐のため、前もっての宿泊予約が難しい。

・ホテルや民宿、ゲストハウスと比べて、広さがあって生活感もあるので落ち着いて過ごせた

特に雨で冷えが酷かった日なので家庭の広い湯船にゆっくり浸かれて本当に生き返った。

・ホストが親切。スーパーに連れてってくれ地元の食材や商品について色々教えて嬉しかった

女性が利用するうえで「これがほしい!」

・友人に「え!若い男の家に泊まるの!?危ない!」という意見が意外と多く、心理的なハードルが高い人もいる。

今回はレビューとホストとしての活動をチェックして不安なく即決しましたが、女性を意識したレビューが載っているといい。

・女性的にあったら嬉しいもの
【ちょっとしたお菓子やフルーツ】【オシャレな雑誌(近隣のスイーツやパン屋さん、土地ならではの食材、地酒、飲食店の情報情報などがまとまったもの)】【洋服のファブリーズ】【入浴剤】etc‥…

ーー——

といった風に率直な意見を頂きました。このほか、高知の文化や四季の食材などで話が弾み、とても楽しい時間を過ごせました。またぜひとも来ていただきたいゲストさんです。ありがとうございました!

今回のような一人旅の女性ゲストを増やしたいなら、こうしたさりげない気遣いや清潔感を大事にしたり、キレイではっきりとしたリスティング写真を掲載すると良さそうですね。高知県などの地方の場合は一人旅の比率も多いので、参考にしてみてください。

ちなみに。

今回の女性は、最初から最初まで札所を回るお遍路ではなく、観光と一緒に一部の札所を回る“部分的なお遍路でした。

高松で聞いたところ、こうして一部の札所を訪れる外国の方もいるらしく、日本の文化に興味を持たれているのが分かります。身近なところにあるお寺などが、予想外に面白がってもらえるスポットになるかもしれません。

ぜひ、みなさんの近辺も調べてみてください。

【テレビ】ガイアの夜明けの民泊特集まとめ:やっぱりツイッターの反応がネガティブ意見ばかりだった

2016年4月5日にガイアの夜明けという番組で「民泊特集」が放送されました。

(参照:日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

Airbnbに関わっている人が想定できるネガティブな意見ばかりですが、参考の一例としてツイッターの反応をまとめてみました。

匿名アカウントが多いTwitterではネガティブ意見ばかり

匿名というだけあってか、見るに堪えないツイートが散見されます。

あまりに過激なものは引用していませんが、差別的と捉えられるツイートもあるので、苦手な方は読まない方がいいですね。

民泊=テロの温床という繰り返す方もいます。過去のツイートを見れば、どういった方か分かりますが。

まとめてみると、本当にネガティブ意見ばかりですね。

ネガティブどころか批判ばかりに見えますが、まだ表に出ていない意見もあるでしょう。

変わらない常識はないという前提で民泊のリスクと向き合っていかなければ、いずれやって来る実益を取りこぼしてしまいます。

(引用元:ハッシュタグ #ガイアの夜明け

もっと顔が見える意見が必要だ

テレビなどの大衆向けメディアの情報だけでなく、ブログやSNSでの個人の意見も拾い上げていく必要があります。

なぜなら、Airbnbというプラットフォームそのものが「信頼を可視化するデザイン」によって成り立ち、世界中に広がっているからです。

(参照元:見知らぬ人とでも「信頼」を築けるようにするため民泊サービスのAirbnbが追求したことは? – GIGAZINE

先ほど挙げた匿名のツイートを参考にするか、Facebookなどの実名制SNSで認証したアカウントで“顔を出して民泊を利用している“人の意見から判断するか、ということです。

引き続き、このブログでは、そうした判断の参考となるような現場の人の言葉や実体験を取り上げていきます。

 

今回の放送を見て、どのように感じましたか?

「ネガティブな情報であっても、意見として捉えておく必要がある」と思う方は、ぜひシェアして共有していきましょう。