意外と見落としがち! ゲストにちゃんとゴミ分別を伝える方法

Airbnb

ホストとしていざAirbnbを始めてみると、意外に気づかない点があります。

そう、ゲストが出すゴミの扱いです。

 

場所によって燃えるゴミや不燃ゴミのルールは様々です。

海外の方が分かるような案内——と言われて、すぐに頭に浮かびますか?

ぼくは英語に関しては弱いので、すぐさま“すでに上手くやっている“人を探して調べました 笑

 

そうして学んだ結果が、こちらのゴミ箱です。

本当はもっと分別をしたかったのですが、ゲストの方から見て分かりやすい数に収めました。

つまり、可燃・不燃、その他ビン・カンという分け方です。

イラストを付ければ、ゲストが迷うこともありません。イラストを印刷して貼り付ければ、もっと分かりやすいでしょうね。

 

最後にある注意書きが重要です。

こうしてゴミの分別をしているのは、長期滞在のゲストが来られた際、分別してあるゴミをきちんと捨ててもらうためです。

とはいっても、海外の方に対して説明は難しいので、日本人のゲストが来られた際は、何かサービスと引き換えにお願いをするようにしています。仕事などの都合で、どうしてもゴミ捨てにいけない場合もありますからね。

 

長い間ゴミが残ってしまうと、衛生的にも精神的にもよくありません。

お手伝いさんがいるリスティングはいいですが、ホスト一人で回している場合は、少しでも手間を省くためにゴミの分別に気をつけてみてはいかがでしょうか。

 

それでは。

コメント